山を歩き、いいかんじの棒をみつける。

河原や海辺では、いいかたちの石や、いい具合に傷んだ、なにかのかけら。

 

なぜかはわからないが、

なんとも、ひろいたくなるものだった。

そこにあるのは、それぞれがもつ、誰にも説明できない、自分だけのフォークロア。

その棒をひろうことは、

はるかむかしの記憶を思い出した瞬間。

​わけもない、ものづくりの瞬間。

Copyright © 2016 苔むす木工 All Right Reserved.